看板の種類

  • img-board-01

    塔屋看板

    ビル等の屋上に設置する看板です。広告面も大きく遠方からの認識度が非常に高くなります。ネオンやスポット等をつける事により夜間もでもアピール性が高くなります。
  • img-board-02

    屋上チャンネル看板

    多くは金属材料を文字の形に成形したもの(チャンネル文字)を専用の架台で屋上にとりつけた看板。ネオンやLEDを内蔵し、自発光するタイプとスポット等でライトアップするタイプがあります。
  • img-board-03

    パネル看板

    平板状の看板のこと。サインボードとも呼ばれます。もっとも基本的なスタイルの看板です。掲示する期間や予算などに応じ、様々な仕様のものが製作されています。
  • img-board-04

    袖看板

    建物の壁面から突き出して設置する看板です。歩道や道路面からも認識度が高く、間口の狭い店舗でも存在をアピールします。
  • img-board-05

    シートサイン

    窓ガラスなどを広告面として使用し、シート文字を貼付けたものです。社名や営業時間の表示、イメージ画像などを貼ったりと用途もいろいろです。手軽に屋外広告として利用できます。
  • img-board-06

    欄間看板

    店舗の入り口から上の階までの狭いスペースを利用して設置する、お店の顔ともいえる看板です。狭いスペースでも有効に活用でき、内照式、外照式など様々あり、照明の役割も果たします。
  • img-board-07

    壁面チャンネル

    金属板を文字の形にカットし、厚みをつけて立体文字に加工したものです。裏側にLEDを仕込み、文字裏を光らせたり、スポットライトで照らし陰影を強調したりと、高級感やインパクトを演出できます。
  • img-board-08

    懸垂幕・横断幕

    素材は、テント生地が主流です。長期使用には不向きですが、イベントなど短期間の告知によく使用され、高いアピール性があります。コストもお手軽ですが、強風の日は取り外しが必要です。
  • img-board-09

    テント看板

    店舗入口の日除け、雨よけの機能を持ち、テント本体にロゴマークや情報を入れることで看板として使用できます。テント生地と鉄骨枠の組み合わせで、立体的な形状を作り出し、店舗のイメージを強く訴えることが出来ます。
  • img-board-10

    野立看板

    街路や路地等、地面に基礎を作って建てる看板です。建物が道路から奥まっていて見えにくい場合には、店舗までの案内・誘導を行ったり、広告的な役割を果たします。
  • img-board-11

    ポール看板

    店舗や施設の名称として道路面に近い所に設置される事が多い看板です。大型で電照式の物が多く、車から数百m前より認識でき存在感があります。サイズも素材も多様です。
  • img-board-12

    スタンド看板

    置式の看板。店舗入口まわり置くことで、歩行者を誘導してくれます。室外・室内でも用途により形状もサイズも多様にあります。電照式のものも多く、夜間の視覚効果は大です。
  • img-board-13

    A型看板

    「A」のように自立できる置式の看板です。表面を交換・貼り付けができ、建物・店舗前に置いて、お店がしまると同時に建物内にしまうことができます。ベントや会場の案内板としても使用されます。
  • img-board-14

    ラッピング看板

    列車、バス、トラック、乗用車のボディに表示する屋外広告看板です。表示面が移動することで多くの人の注目を引くことが出来ます。
  • img-board-15

    のぼり旗

    イベントや催事など、店頭の敷地内スペースにたてる簡易看板です。布製の物が多く、短期間向けです。同じデザインのアイテムを多数設置することで統一したイメージを出すことが出来ます。
有限会社 松島工芸社
ページトップへ